事故を起こした中古車を売る場合

事故を起こしてクルマを大きく破損してしまった場合、高額な修理費が発生します。自損事故などにも対応している車両保険に加入している場合は保険で対処できますが、加入していない場合は、高額な修理費を出してまで乗り続けるべきか、それとも売って買い替えるか悩むことでしょう。しかし、破損した中古車など売れるのでしょうか。あるいは買取価格が大きく減額されてしまうのではないでしょうか。

結論から言うと、事故で破損した中古車でも買取は可能です。また、そのような中古車の買取価格は確かに減額査定となりますが、破損状況によって買取価格は変わってきます。小さなの傷やヘコミであれば3万円前後のマイナス査定に、また30センチくらいの大きなキズやヘコミの場合は5万円前後のマイナス査定になります。ただ、自分で修理することを考えると、マイナス査定の幅は少なくなります。

修理費の見積もりが20万円の場合、査定も20万円のマイナスになるわけではありませんので、もし売る場合は傷はそのままで売った方がお得です。新車や中古車に買い替えする場合は、クルマを購入するということで販売店が下取り額に色を付けてくれることも少なくありません。特に、新車や中古車の割引がほとんどない場合は、その傾向が強いです。そのため一般に買取業者に売ったほうが高額買取が期待できるのですが、このようなケースでは逆の場合もでてきます。

そこで気になる方は下取りと買取と両方の見積もりをとってみると良いでしょう。自走式立体駐車場のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*