賢い据え置き型浄水器の選び方
2020年12月24日

浄水器には高額な価格の製品があります

浄水器のタイプには、アンダーシンク型のものがあります。システムキッチンのシンクの収納する場所に浄水器を設置することで、浄水するための水栓を付けて使うものになります。洗いものをするときには水道水を使用して、同時に浄水した水を飲用に使用したり、調理のために使うことが可能です。アンダーシンク型の浄水器を使用するときには、浄化した水が通る水栓やホースに関してこまめに清掃することが必要になる点が注意するところと言えます。

ホースなどの交換は、5年おきに1度は交換する必要があります。ひとつの水栓によって水道水やお湯、浄水を使い分けることが可能な複合水栓の浄水器もあります。水栓がひとつで通常の水道水と浄水を使い分けることが可能なので、キッチンをすっきりとすることができます。シャワーの浄水を出せるタイプのものであれば、食材を洗うときに便利に使用しやすくなります。

ビルトイン型の浄水器は、カートリッジが大きいタイプのものが多いですので、浄水できる性能のレベルが高いです。ビルトイン型の場合には、価格が8万円から20万円ほどの製品が一般的となっていて、カートリッジの値段も1万円から2万円ほどとなっていますので、高額な費用がかかることになります。値段は割高なものとなりますが、その分だけ浄水性能の高さを期待できますので、価格とのバランスは取れていると判断できます。性能面について、高いレベルの有害物質を除去できる機能を求めている人に向いている製品ということができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *