賢い据え置き型浄水器の選び方
2020年12月15日

浄水器のある生活について

海外で生活をしていると、水道水を飲むということは基本的にはありません。飲むとすぐに、これは飲んではいけないものだと大体の人は認識できると思います。それ程に違和感というか、水が不味いです。それでたいていの人は飲む水は買ってくるか、もしくは浄水器を取り付けて飲むというふうにしています。

本当にありがたいことですが、日本の水道水でそれほどに不味いとか危険だと感じた経験はありません。日本の水道水のレベルに感謝です。ただ、水道管の劣化や塩素による消毒をしていることが原因で少し臭いを感じるとか、気温が高い夏の時期の生ぬるくて不味く感じるということはあります。もちろんそういった消毒を経ているからこそ安全に飲めるのですが、体内の90パーセントを占める大切なものだけに少し心配な気がします。

近年ではアレルギーの問題や美容に高い関心を持つ人も多くなっているので、より安全でおいしい水を飲みたい、生活の中で使いたいというニーズが増えてきました。それで最近、浄水器を取り付けているお家が大変増えてきました。浄水器によって、水道水を美味しくないと感じさせる不要なもの、残留酸素やトリハロメタンなどを除去できます。そうすることによって本来の水が味わえます。

また水道水であれば、水に含まれる塩素の刺激を感じるという皮膚が敏感な人にとって、浄水器の水は心地よく感じます。もちろんいくらかコストはかかりますが、それ以上のメリットもありますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *