賢い据え置き型浄水器の選び方
2020年9月18日

お風呂場にも浄水器はおすすめ

よくキッチンの蛇口に浄水器をつけることはありますが、実は風呂にも付けた方がいいです。蛇口やシャワーから出るお湯もキッチンの水道水と同じく消毒の残留塩素が含まれてます。これは水道水の細菌増殖を防ぐため衛生面では必要ですが、肌や髪には悪影響があると言われていて、残留塩素は酸化作用を持ってます。たんぱく質から出来ている髪の毛髪の表面をおおっている部分が傷んでしまい、同時に皮膚のたんぱく質も酸化や分解をされます。

個人差がありますが肌のバリア機能の低下や角質層の水分不足を起こして、刺激を受けやすい肌へと導いて色々な肌のトラブルを起こすとも言われてます。風呂にも浄水器をつけることで水道水から残留塩素を除去し、肌や髪への刺激が少なく優しいお湯になります。電気温水器にも問題があり、タンクの中へお湯を貯めてそれを電熱線で温めてから給湯します。深夜だと安い電気代で経済的に節約が出来ますが、水圧が低くなることがデメリットで温水器に常に水が貯まっているのも気になるところです。

お湯が全部入れ替えるなら安心ですが、使いきれずに残ったお湯はそのままタンクへと残ります。毎日続くので、何もしないと設置した当初からのお湯がタンク内へ残っていることもあり得ます。説明書には飲み水としては使わないことと注意書きもあり、これはタンク内が汚れる可能性もあると言えます。実際、長期間使った温水器のタンク内部へ汚れた堆積していたということもあって、タンクに貯まったお湯をある程度は排水してタンク内の掃除をするように説明書にもあります。

汚れを沈殿するのを避けるためですが、実際このメンテナンスを行う人は少ないです。給湯器から造ったお湯でも、安心して使うために性能が良い風呂用の浄水器をつけるのはおすすめです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *