賢い据え置き型浄水器の選び方
2020年9月9日

浄水器を使用したお風呂はアトピーに効果があるのか

水道水の中には、水の中で細菌の繁殖を防ぐための残留塩素やトリハロメタン、農薬などの化学物質が含まれていると言われています。日本の水質基準は世界的にみても厳しいので、人間が一生涯水道水を飲み続けても健康被害は発生しません。しかし、水道水に含まれる残留塩素は、原生のアンモニアやそのほかの有機物と反応して、独特の嫌なにおいを発生します。残留塩素は、水道水の細菌の繁殖を防ぐために必要不可欠なものですが、水道水をそのまま使用してしまうと肌や髪に悪影響を与えると言われています。

塩素には、タンパク質を酸化・分解する作用がありますが、注意したいのは人間の身体もタンパク質から出来ていることです。残留塩素の酸化作用によって、髪のタンパク質が酸化されてしまうので、髪のキューティクルが傷んでしまうことがあります。同時に肌のタンパク質にも影響を与え、肌のバリア機能を低下させたり、角質層の水分不足を引き起こして刺激のうけやすい肌へと導いてしまうなど、さまざまなトラブルの原因となります。お風呂で浄水器を使用すると、これらの残留塩素が髪や肌に与える影響を最小限に抑えることができます。

また、お風呂で浄水器を使用することで、アトピー性皮膚炎に効果があるのではないかとも言われています。アトピー性皮膚炎の悪化要因は様々なので個人差はありますが、アトピー性皮膚炎の悪化要因を浄水器を使用したお水で身体を清潔にするという意味では効果があります。入浴時のピリピリとした感覚がしなくなるので、肌に炎症があっても安心してお風呂を楽しむことができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *