賢い据え置き型浄水器の選び方
2020年8月9日

浄水器を設置するメリットについて

日本はとてもきれいな国で安全基準も厳しいので、蛇口から出る水をそのまま飲むことが出来ます。

蛇口から出る水をそのまま飲むことが出来る国は、世界でも少ないですので、日本はとても住みやすく安心できる国といえます。しかし、安全だからといって、健康に良いかというとそうではありません。実は、日本の水道水にも多くの不純物が含まれているからです。そのため多くの家庭では浄水器を設置しています。では、浄水器を設置することにはほかにどんなメリットがあるのでしょうか?まずは、不純物を取り除く役割があります。築年数が10年以上の建物の場合、水道管の中がどんどん汚れてしまい水道管内部についているさびや不純物がどんどん出てきてしまい、20年以上たった建物になると水道管の60%以上はサビでおおわれてしまうのです。浄水器を設置することでサビなどの不純物を取り除き安全な水を飲料水として飲むことが出来ます。

さらに別のメリットは、水道水がおいしくなるということです。浄水器を通って出てきたお水は飲料水として飲むだけではなく、料理にも使用できますが、水道水に含まれている塩素は食品の1割から3割のビタミンを損なってしまいます。せっかくビタミンが豊富に含まれる野菜を使用してもビタミンが損なわれるのは残念なことです。「浄水器のお水を使って作った料理はおいしい」と感じる人もいるのは、ビタミンが損なわらず素材の味が生かされるからです。実に素晴らしいメリットといえるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *